東日本大震災チャリティ「北欧展・カンテレコンサート」開催(10/1)

東日本大震災から早6年半が過ぎました。以前のブログでも書きましたが、東日本大震災には特別な想いがあり、未だ胸のつかえがとれない日々を過ごしています。そんなところに、不思議なご縁で、東日本大震災チャリティのイベントのお話しをいただきました。

「幸福度や成熟度が高い北欧諸国を参考に、これからの日本の在り方を考える」。九州産業大学を中心に、6年前から開催されている「北欧展」は、これまで福岡を中心に、東京、鹿児島などで開催し、東北へ寄付を続けてこられた取り組みです。今回は、9月23日(土)から10月1日(日)まで、京都で開催されることとなり、その一つのイベント、フィンランドの民族楽器「カンテレ」のコンサートが当院で開催されることとなりました。

■九州発北欧展2017
「京都」でであう「北欧」
~北欧に学び、楽しんで、幸せな社会・京都づくりを目指す~
https://hokuouten2017.blogspot.jp/

2017.9.23(土)~10.1(日)
アクタス・京都店:北欧に関する企画販売・トーク・写真展
Impact Hub Kyoto:北欧に関するトーク・ワークショップ
COCON 烏丸:北欧の「雑貨」「衣」「食」フェア
長性院:フィンランドの伝統音楽 カンテレコンサート
玉の湯、梅湯他:京都の銭湯で楽しむ北欧サウナ文化

主催:九州産業大学建築都市工学部、北欧展京都実行委員会
協力:(社)Impact Hub Kyoto、COCON烏丸、アクタス・京都店
後援 デンマーク大使館、フィンランド大使館、スウェーデン大使館、ノルウェー王国大使館、京都府、京都市、京都新聞、NHK京都放送局、KBS京都、αステーション、日本フィンランドデザイン協会、関西日本・フィンランド協会、福岡デンマーク協会

カンテレとは、フィンランドの民族楽器。見た目は、お琴のようで、フィンランドのハープと例えられることもあるそうです。5弦と10弦の糸から奏でる音色は、透き通った清らかな音色で、フィンランドの美しい自然が思い浮かびます。演奏は、大西智子さん。日本のカンテレ奏者は少なく、貴重な機会です。現在、下記から、お申込みいただけるそうですので、ご関心ある方はぜひお越しください。

■フィンランドの伝統音楽 カンテレコンサート
日時 10月1日(日) 16時30分~18時
会場 真宗佛光寺派長性院
参加費 1,000円
定員 30名
参加申し込み(北欧展実行委員会) 9/30締切
https://hokuouten2017.blogspot.jp/2017/09/blog-post_73.html

※写真はイメージです

(副住職)