笑顔が溢れた「2018 盆踊りin 佛光寺」

8月18日(土)、2回目となる「盆踊り in 佛光寺」が開かれました。顔なじみの地元の皆さんはもちろん、普段佛光寺ではなかなか見かけない?ちびっこや大学生、欧米やアジアなど外国人らしき方、はたまたセミプロ「盆踊らー」まで、前回よりも大勢の方にお越しいただき、櫓の周りには3重・4重もの輪ができました。また、関係者の皆さんのご協力で、今回は屋台を充実し、生ビールや地元クラフトビール、唐揚げや野菜なども販売。会場は終始笑顔と熱気に包まれました。

普段は静かな佛光寺。見慣れた日常ですが、櫓と提灯と太鼓と音楽で、たちまちお祭り空間に変わります。音楽にあわせて体が動き、心まで軽やかになったように感じるから不思議です。 … 続きを読む

2018 盆踊り in 佛光寺  Bon Dance in Bukkoji-Temple

地元の方々やD&Department Kyotoさんのご尽力で、30数年の時を経て去年復活した「盆踊り in 佛光寺」。去年は、控え目な広報にも関わらず、300人を越える方々にご来場頂き、大盛り上がりとなりました。

そんな、盆踊り好きな皆さんのご期待にお応えし、今年も開催されます。

老若男女、近所の方から外国人まで。最初は少し恥ずかしそうにしていた方々も、「踊り」の不思議な力に引き寄せられ、気づけば、踊りの輪の中へ。自然と体が動き出し、笑みがこぼれる。そんな楽しい一晩。 … 続きを読む

東日本大震災を忘れない「北欧展カンテレコンサート」

10月1日(日)、当院で、東日本大震災チャリティ「北欧展カンテレコンサート」が開催されました。ま た、カンテレの演奏の前に、東日本大震災追悼法要も勤めさせていただきました。

「カンテレ」とは、フィンランドの伝統民族楽器で、木の土台に張った金属製の弦を指やピックではじくシンプルなもの。数年前から、北海道や東京では静かなブームらしいのですが、関西ではまだ珍しいからか、老若男女30名以上の方にお越しいただき、会場となったお座敷と仏間はほぼ満席。

カンテレ奏者の大西智子さんは、中型と小型の二大のカンテレをご持参。フィンランドの暮らしや文化、自然にまつわるお話しを交えながら、5~6曲ほどの演奏がありました。穏やかな語り口と、澄んだ音色に、会場にはゆったりとした時間が流れました。 … 続きを読む

東日本大震災チャリティ「北欧展・カンテレコンサート」(10/1)告知

東日本大震災から早6年半が過ぎました。以前のブログでも書きましたが、東日本大震災には特別な想いがあり、未だ胸のつかえがとれない日々を過ごしています。そんなところに、不思議なご縁で、東日本大震災チャリティのイベントのお話しをいただきました。

「幸福度や成熟度が高い北欧諸国を参考に、これからの日本の在り方を考える」。九州産業大学を中心に、6年前から開催されている「北欧展」は、これまで福岡を中心に、東京、鹿児島などで開催し、東北へ寄付を続けてこられた取り組みです。今回は、9月23日(土)から10月1日(日)まで、京都で開催されることとなり、その一つのイベント、フィンランドの民族楽器「カンテレ」のコンサートが当院で開催されることとなりました。 … 続きを読む

etote セキ ユリヲ デザイン教室

昨日、京都でえほん教室を開催されているetoteさん主催の「セキユリヲ デザイン教室」が開かれました。以前からよく存じ上げているetote代表 近藤さんとのご縁で、急遽、当院での開催となりました。

「古きよきをあらたしく」をテーマに、東京でサルビアというものづくりのプロジェクトを主宰されているグラフィックデザイナーのセキ ユリヲ先生が和雑貨デザインのご指導をしてくださり、優秀な商品は尚雅堂さんで商品化し販売を目指すという魅力的なお教室。前回のお教室では、東急ハンズさんや郵便局、オランダ美術館で販売されるほどのヒット商品が生まれたとか。 … 続きを読む