“Sound of Gold展”。ありがとうございました。

3回目となる京都若手作家合同展2019″Sound of Gold”。あいにくの雨模様で少し不安でしたが、最終的には前回同様、200名もの方にお越しいただき、成功裡に終えることができました。お越しくださった皆様、直接的・間接的にサポートしたくださった皆様に、お礼申し上げます。

今回は、浄土真宗で用いる「和讃」というお経をヒントに、”Sound of Gold”というテーマを掲げて、5名の作家の作品を展示しました。

… 続きを読む

「生きる知恵」と京都若手作家合同展(GOLD展)

2月8日、FM京都「アルチザントーク」に出演させて頂き、長性院と向鶴文化連、そしてGOLD展の取り組みについてお話させて頂きました。

DJの和える・矢島さんに私の拙い説明を上手にフォローして頂き、なんとか1時間の番組を終えることができました。改めて自らの取り組みについて考える貴重な機会となりました。FM京都さん、和えるさん、ありがとうございました。

よく考えてみると、GOLD展開催の経緯や目的など、今までちゃんと紹介したことがなかったので、ラジオの抜粋を掲載したいと思います。長文になりますが、ご興味ございましたら、ご高覧ください。

… 続きを読む

春は寝て待て「枝垂れ梅」

2年前、娘の誕生を記念して植えた枝垂れ梅が今年もかわいらしい花を咲かせました。梅は、まだまだ肌寒い季節に、桃や桜に先がけて、一番に咲く花です。

梅は、日本古来の縁起物、吉祥「松竹梅」の一つ。もともと「松竹梅」とは、中国・文人画で好まれる画題のひとつ「歳寒三友」に由来するそうですが、日本伝来後、
松=常緑で不老長寿
竹=成長が早く強い生命力
梅=寒さに耐えて、一番に花咲く
ことから、それぞれ縁起物として扱われるようになったようです。 … 続きを読む