年頭のご挨拶

明けましておめでとうございます。新年にあたり謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

真宗佛光寺派宗務総長を拝命し、早や六度目の正月を迎えました。その間、社会環境が日々変化を遂げる中、山財する課題に微力ながらも取り組んでこられましたのは、宗門の皆様の愛山護法の賜物と感謝申し上げます。

昨年は、全国各地で自然災害が多発した年でありました。被災された皆様にお見舞い申し上げますと共に一日も早い復興を心より念じております。

また、四月には、第33代真覚ご門主の法灯伝承がござました。長年にわたる宗門の願いが成就しましたことを心よりお喜び申し上げます。 … 続きを読む

年頭のご挨拶

新春や 黄金の福寿 花開き
ともに歩まん 浄国の旅

明けましておめでとうございます。新年にあたり謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

宗務総長を拝命し五回目のお正月を迎えました。その間、私たちを取り巻く環境が急速に変化する中、聞法のあり方、寺院のあり方、本山のあり方等の課題に取り組んでまいりました。
また、検討を行うにあたり、宗勢調査並びに門信徒調査を行い、実態の把握に努めました。その結果、聞法活動を定期的に実施されている寺院は、念仏相続も淀みなく進められていることや、門信徒の皆様の厳しいご意見も、新しい時代に向けて、変わらねばならない意思の現れといただきました。私たちは現状を真摯に受け止め、宗門の皆様と一丸となって、改革を進めてまいりたいと存じます。 … 続きを読む

ご報告 (真宗佛光寺派 宗務総長に再選)

去る平成29年3月16日、真宗佛光寺派(本山佛光寺)第189回臨時宗会において、真宗佛光寺派 宗務総長に再選されました。

あらゆる価値観が大きく変貌を遂げ、私達を取り巻く環境は激動の時代を迎えています。改めて親鸞聖人の御教えの尊さを思わずにはおられません。

微力ながら、お念仏の相続と弘通をもって御本山と宗派の興隆に尽力したいと願っています。引き続きどうぞよろしくお願い致します。

長性院  住職 佐々木 亮一

年頭のご挨拶

新春の 明き光に つつまれて
聴き開かなん 御国への道

明けましておめでとうございます。新年にあたり謹んで年頭のご挨拶を申しあげます。

昨年は、私たち真宗佛光寺派宗門が長きに亘り待ち望んでおりました次期ご門主、真覚新門の御誕生というこの上ない慶びの年でございました。佛光寺第三十代真承上人のご長男、真覚新門様は、十一月四日に執行されました法嗣御得度式で、「これからは、親鸞聖人に導かれる日々を送り、真承上人の志を受け継ぎ、佛光寺の法灯を継承する決意を新たにしております。」と、力強いお言葉をお述べになられました。また、御正忌報恩講に、初めてご出仕になり凛々しくお勤めいただきました。私たちはこの勝縁のもと、新しい時代の幕開けとして、時代社会に添ったご教導を願うものでございます。 … 続きを読む

今、味わいたい心の歌。童謡「七つの子」

幼き頃に、母から聞いたあの童謡、友達と共に歌ったあの唱歌。日本には、心に響く歌がたくさんあります。耳に残る美しいメロディー。口ずさむ度に新たな発見が生まれる歌詞。日本人の心に染み込むあの歌を、今一度噛み締めてみませんか。

 

七つの子  作詞:野口雨情 作曲:本居長世

烏 なぜ啼くのの 烏は山に
可愛七つの 子があるからよ

… 続きを読む