わびぬれば 今はた同じ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ

ちょうど1カ月前。クリスマスが終ってお正月準備に追われる年の瀬28日午前11時。二人目の娘がこの世に生を受けた。47.5cm、2978g。

長女の時とは違って、新型コロナのため、出産立ち合いどころか、退院まで面会できたのはたった1回、手術室から病室に戻ってきた数分だけ。保育ケースに入った我が子は、小さくて弱々しくて、そして限りなく愛おしかった。

… 続きを読む

長性院 報恩講

新型コロナウイルス感染症が少し落ち着いている状況でしたので、今回の当院の報恩講はハイブリッド形式にて執り行うこととしました。ご来院の方に加え、遠方からのzoom利用者もちらほら。まだまだトラブルは絶えませんが、少しずつ、この新しい形のお参りも定着してきました。

zoomはもちろんのこと、AR/VRといったバーチャル体験の技術も年々向上していますが、やはり非日常の時間・空間だからこその体験は何物にも替えが難いものです。

… 続きを読む

外構工事が終わりました

2月から続いていた当院の外構工事がようやく終了しました。
私が幼少の頃はこの土塀で野球やテニスの壁打ちをしていました。そのせいもあってか、少しずつ大きくなってきた土塀のひび割れや汚れ、ずれた瓦も、見違えるようにきれいになりました。
引き続き、境内(庭園)の工事が始まります。

… 続きを読む

「生きる力」を育む リズムメロディ保育園

本日、リズムメロディ保育園入園説明が当院で開催されました。リズムメロディ保育園は、「0歳からの音楽教育」を通じて「生きる力」を育む小規模保育園です。学生時代から音楽をライフワークにしてきた住職のご縁がきっかけで、当院境内地の一部で、開園されることになりました。

全国の保育園・幼稚園にチャイルドブックなどの教材を納入する業界大手「株式会社チャイルド社」と、関東で複数の保育園を運営する「株式会社三恭」、そして全国の保育園でリトミックプログラムを実施する「有限会社プロデュースマツモト」がタッグを組んで実施される大注目のプロジェクトです。
https://www.r-melody.ed.jp/

先史時代の人骨研究によると、人類は「言葉」より前に「音」「歌のようなもの」を発していたと考えられ、一説には50万年前とも60年前とも言われているそうです。(一方、言葉を発するのは約7~8万年前) とはいっても、現在のような言葉を用いた歌ではなく、石や木などをたたきながら、泣き声や叫び声を発するようなものだったそう。

… 続きを読む

門徒詰所 取壊法要

戦前・昭和初期から建っている門徒詰所の解体にあたり、取壊法要をお勤めしました。正直寂しい想いもありますが、感謝の心を込めてお参りさせていただきました。

私達が生まれた時からずっとここにあった建物。かつては、近隣の子供たちが勉強に集まったり、また、地方の末寺のご子息達が京都の大学に通うために下宿したり、たくさんの出会いと思い出をもたらしてくれました。しかし、賑やかだったこの建物もここ十数年は物置状態でした。

来月から工事がはじまり、新たな施設として生まれ変わります。新しい出会いと物語が楽しみです。

… 続きを読む